【春の相模湖】大会後は釣れやすい!?バスが口を使いやすいタイミング説。

フィッシングアイテム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

釣れない道具アングラー代表のやんせーです(*´ー`*)

今回は久しぶりに一日ガッツリ相模湖をハードベイト楽しんできたので

その中で感じたこと、僕なりの考えなども共有させていただければと思います!!

スポンサーリンク

出船

今年2021年3月の写真

時刻 6時30分

今回もいつもお世話になってる日相園ボートさんにお邪魔して6:30分頃スタート♪

去年から相模湖に通い始め、東京に入れる時はなるべく通わせてもらってます✌︎(‘ω’✌︎ )

フィールドの状況としては

水温 15度弱

先週相模湖の凄腕猛者の方々が集う『日相カップ』あり、かなりのハイウェイトだったらしく相模バスはそんな猛者達の手にかかっているため厳しそうだなあと言った印象。

唯一の救いは前日に降った雨の影響で

濁りが入っていて適度な風が吹いていること!

さあ行くぞー♪

まずはいろんな条件が揃ってる

日相園ボートさんの周辺でどんな様子か探ってみることにします!!

最近ワカサギの接岸で表層のI字系やピクピク系が調子いいらしいので

表層からチェックしよう!

ってことでとりあえず取り出したのはイマカツさんの『アベンタクローラーウッド』

相模湖のバスとの相性良さげ。

相模湖デカバスの歯型

ゆっくりネチネチと桟橋周り、係留ボート、フィーディングしそうなシャローを探るも反応無し。

・じゃあ一段下げてみよう!

ってことで取り出したのはジャッカルさんの『ダウズスイマー180sf』

(このルアーのダートのキレと使い勝手の良さは半端ない。)

『朝だしフィーディングの魚に絞ろう』

と思って

旧橋脚跡に追い込ませる形で投げた一投目。

『ジャッ、ジャッ』

とジャークさせていると

柔らかい何かに引っ掛かった感触がして

『やばい。こんなとこにロープあったっけ?』

と一瞬よぎりましたがロープにしては軽かったので

魚だと期待してそのまま巻き続けると

バシャーーン!!

と相模湖バスがスーパージャンプのお披露目!

『たっ、たまらん、、、漏れる、、、』

と思いながらも冷静を保つフリをし

ゴリ巻きファイトでそのままボートにぶっこ抜き!!!

幸先良く48cmのナイスプロポーションなおはようございバス。

おし。もう帰ろうかな♪

っと思ったけどマグレフィッシュじゃ終われないということで一日やり切ると決め

しばらくそのエリアで粘るも『無』。

さっきの魚はスポーニングがまだの様子っぽかったので

『スポーニングエリア周りの一段下メスバスがうろちょろしてる』

と仮定して本湖〜秋山川で同じような条件のエリアを回って

ビッグベイト・クランク・スピナベ・ミノー・ビッグスプーンなどで上のレンジとボトム付近を探るも全く反応なし。。

時刻 14時30分

やばいぞ。。。

朝の魚はたまたまフィーディングで浮いてきた魚だったらしい。

前日の雨と風の影響でレンジが下がっている様で

魚探では2〜4mの中層に魚の反応があり。

よし。苦手だけど中層の釣りに切り替えよう!

ってことで取り出したのは

ノリーズさんのディーパーレンジ1/4oz

(めっちゃユルフワで中層をゆっくりトレースできる)

ダウスイと比較してる意味は特にありません(笑)

見えるベイトが小さく

このようにワカサギの死骸も多く見受けられたので

このルアーをチョイスしたが

1時間半いろんなポイントで中層を巻き続けるも『無』

時刻  15時30分

帰着時間が、刻一刻と迫ってきている。。

東風が強く吹いてきた。

向かったエリアは日相園前。

遅い動きの中層がダメだったし早い動きならどうだろう?

ってことで取り出したのは

レイドジャパンさんのレベルミノー。

がしかし、レンジも微妙に届かずスローフローティングがあまりしっくり来なかったので

もう一段潜ってくれて、なおかつハイフロート気味な

レベルミノープラスをチョイス。

(本当に痒いところに手が届く。あと4個は欲しい。笑)

そして朝、48cmが釣れた旧橋脚跡に

風がもろにぶつかっている。

これはチャンスか?

脳無し男なりに捻り出した仮説と

脳無しだからこそ投げ続けられるメンタルを持っているので

自信を持って

キャスト!キャスト!!キャスト!!!

強風にあらがいながら何度も旧橋脚跡をトレースし続ける。

そして、、

グリグリグリグリグリィィィ〜、

ゴンッ。ストップ。フワ〜(浮上中)

グリグリィィィ。ゴンッ。

フワ〜(浮上中)

、、、、ココンッ!

浮上中の超絶気持ちいいバイト!!!

おっしゃあ!おらー!!

巻き合わせしてそのままゴリ巻きファイトでネットIN!

40あるなしの超元気で筋肉質の

模様がスモールばりのイケメンバス君GET!!

いやあ正直このサイズでも

自分なりに捻り出して最後にたどり着けた結果だったので

めーーちゃくちゃ嬉しかったです。

なんなら1匹目よりも嬉しかった。

そして気が付いてしまったんですよね。

『あれ?魚反応があって魚の姿をよく見たの全部、日相園周りじゃね??』

大会後は釣れやすい!?

てっきり大会の後はプレッシャーが蓄積して

全体的に釣れ辛いイメージを持っていました。

ですがよく考えてみると

大会で猛者達が釣ってきた魚達は

そのボート屋周辺にリリースされます。

そしてボート屋さん曰く

『大会の後はめちゃくちゃこの周りにバスが残ってるよ』

との事でした。

そのリリースされたバス達が

『釣れやすいバス』という事ではありません。

僕なりの見解・説

そこでリリースされたバス達の中には

相模湖の凄腕猛者の方々が釣られたいわゆるボス級のバス達が沢山いました。

動物界には『縄張り』と呼ばれるものがあり

バス達にその『縄張り』があります。

今回はボート屋前にボス級のバス達が

一気にリリースされたことで

ボート屋前の魚達の『生活環境』『序列』が大きく変わってしまい

『今まで住んでたところから追い出された魚』

逆に『今まで住んでた所からボート屋前に連れてこられてしまった』

魚達が居ると思います。

魚達は生きるため餌を食べなくてはなりません。

それが初めての場所だったり慣れない環境であろうとも。

そして必死になって餌を食べようとする

つまりその場所での経験が少ないため

必死に餌を食べようとするので視野も狭く、

バス達が餌かルアーかを判断する引き出しも少なく、

判断も鈍っているんではないかと思うんですよね。

これ人間の僕もめっちゃわかるんですけど、

僕の職業柄、全国を回るのことが多くて

初めての場所だったり慣れない環境に行くと

右も左もわからずに戸惑ったり、視野が狭くなったり、

とりあえず食べ物を食べなきゃならないんで近くのスーパー、コンビニ、ご飯屋さんは探さないといけないんですよ。

便利なスマホやインターネットがあろうとも初めての場所はいろいろ経験してみないことにはわかりません。

要するに僕が今回釣れた魚達(特に1匹目)は

そんな状況の魚だったんじゃないかなあっと思ってます。

という脳無しの僕なりの説です。

あくまでも説なので今後もしっかり検証していきたいと思います。

皆さんも何か知ってることがあればお話し聞かせてください(*´ー`*)!!

以上、今回はこんな感じでした!

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました!!

このブログが少しでも考えのヒントや釣りのお役に立てたら嬉しいです。

もしよろしければInstagram、Twitterフォローをしてもらえるとめちゃくちゃモチベーション上がります!

皆様と釣りを通じて繋がれることを本当に楽しみしてます!!

これからも最高のフィッシングライフをソウゾウしていきましょう。

今日もありがとうございました〜!!

SNSフォローボタン
yansei1020をフォローする
yansei1020

こんにちは!
このブログの管理人兼
『釣れない道具アングラー代表。』やんせーです!
【このブログの目的】
初心者さんから上級者さんまで多くのアングラーさん達と釣りの和を広げたくてこのブログを開設しました!

【プロフィール】
・某劇団で俳優してます
・全国飛び回って各地のフィールドにお邪魔してます!
・ホームは相模湖。(釣れません)
・ブのワルイ釣りが大好きな釣れない道具アングラー代表。

メインはバスフィッシングにおける
僕の大好きなルアー、ロッド、リール、アイテムを紹介していけたらと思います!!

最高のフィッシングをソウゾウしましょう♪(´ε` )

Twitter・Instagramで繋がれたら嬉しいです!!

yansei1020をフォローする
フィッシングアイテム釣行
スポンサーリンク
yansei1020をフォローする
やんぶろぐ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました